スポンサーリンク

令和初の台風発生!進路や今後の被害は?明日への影響は?

ニュース
スポンサーリンク

最近日本付近に停滞していた熱帯低気圧がついに四国沖で台風に発達してしまいましたね。

 

名前は「セーパット」と名付けられ、意味はなんなのでしょうね。

 

というか、この名前はどうやって決まっているのでしょう。

 

今回は令和に初めて発生した台風3号通称セーパットについて「令和初の台風発生!進路や今後の被害は?明日への影響は?」と題して調査してみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和初の台風発生!進路や今後の被害は?

本日四国沖で熱帯低気圧から台風になった台風3号セーパットですが、基本情報をみてみましょう。
中心気圧 998hPa
最大風速 18m/s
最大瞬間風速 25m/s

2019年6月27日18時現在

中心気圧は998hPaとまだまだ強くはないようですが、海水温が高い場合は発達の可能性があるため警戒が必要です。

 

中部地方は深夜から明け方に通過する見込みです。

 

さて気になる予想進路ですが、今後は紀伊半島沖をかすめつつ、関東地方を目指すという流れになっています。

https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/06/27/5095.html

現在は四国沖に位置しているため、夜に関西地域特に和歌山県、三重県の沿岸部は警戒が必要です!

 

さらに早朝には関東地方に最接近するため注意が必要です。

 

その後は太平洋沖に移動するため、明日の早朝まで天候情報に警戒してください!

 

この台風がまだ熱帯低気圧だった時に沖縄に接近した際は、警戒レベル5段階のうち、4になったとのことなので、大雨に警戒したいところです。

 

大雨が警戒されるということは、山の地盤が緩んで土砂崩れも予想されるので、山間部の方は注意が必要ですね。

 

また大雨による河川の浸水によって氾濫にも警戒しないといけません。

接近している時にはニュース情報を逐一チェックするようにしてください!

 

スポンサーリンク

令和初の台風発生!明日への影響は?

さて令和初の台風3号セーパットですが、明日はどのようになっているでしょうか?

大雨は朝方9時ごろには収まると予想されるため、早めに出勤される方は雨や路面の滑りに注意してください!
なおその後は気温が上昇するとの情報もあります。

大雨の後の熱中症にも注意したいところです。

 

関東地方の方は明日の朝は注意しましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「令和初の台風発生!進路や今後の被害は?明日への影響は?」と題して調査してみました。
関西地方は今日の夜、中部地方は深夜から明け方、関東地方は明日の朝に注意が必要です。
なお現時点での情報なので、進路によっては他地域にも影響が予想されるため、警戒が必要です。
何事もないことを祈ります。

 

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pairronをフォローする
Pairron's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました