息子が生まれて半年になりました。

こんにちは、ペッカーです。

今日で息子が生まれて半年になりました。今回は息子への感謝や半年経って思うことを書いていきます。

この記事でわかること

屋外は滑り台をはじめとして遊具が本当に沢山あって、飽きずに遊ぶことができます!

屋内の虹の家では中二階の「ふわふわランド」と二階の「ボズーの木部屋」がオススメです!

びわ湖で湖水浴やキャンプもできるので、年中時期を問わず楽しむことができる施設です!

それでは行ってみましょう
 

我が家の息子が生まれて半年になりました

タイトルの通り、今日で半年になりました。

なんというか、月並みですが本当にあっという間に感じました。

一人目が女の子だったので、一姫二太郎なら良いよね〜と妻と話していて、妊娠から性別が判明するまで男の子であれと何度も祈っていました笑

願いが通じたのか、運良く元気すぎる男の子を授かりました。

私は息子誕生から1ヶ月くらい育休を取得しましたが、娘の世話につきっきりで、あんまり息子と向き合えていなかった気がします。

なんだか気づいたら育休も終わっていて、仕事に復帰してしまいました。思い返すと妻も記憶が飛んだようにその時期のことをあまり覚えていません。お互い忙殺されていました。

見た目についてなんですが、娘は二重だったので、息子にも期待したところがありました。

生まれた時に一重だと知って少し残念でしたが、娘とは違った可愛さがあって息子ラブです。

ラブとは言いつつも、たまにイラっとすることもあります。仕方のないことですが。

半年経って何ができるようになった?娘との違い

最近はよく笑うようになりました。生理的微笑とは違って、心から面白くて笑っている様子ですね。見ていてとても癒されます。

声はとても大きいですね。娘よりも泣き声が力強くて、男の子だなと感じる瞬間です。

あとは足の筋肉も女の子とは違います。娘はスレンダーな感じで、むちむちの時期は少なかったのですが、息子はむちむちのむちむちで可愛いです。

5ヶ月頃から離乳食をスタートさせて、好き嫌いなくよく食べてくれます。

娘と違ってよだれの量が半端ないですね。毎日4、5枚くらいよだれかけを交換しています。

娘はもったいないのか、よだれをすすってました笑

息子よ、生まれてきてくれてありがとう

昨今の子供が被害を被る事件などを目にすると、同じく子育てをする者として心が締め付けられます。

その子の無念を思うと、自分の娘や息子はせめて幸せにまっすぐ成長してもらえるよう、サポートしていきたいと考えています。

息子がこの家に生まれてよかったと感じれるように子供には無償の愛を注いでいきます。

まとめ

今回は日記的な雑談でした。うちの息子が無事に半年を迎えました。
 
総じて息子大好きなのですが、たまにイラっとします。
 
また育休を取った話や離乳食なに食べさせているかについても記事にしていきます。
 
それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。