スポンサーリンク

無人販売所で窃盗女は誰で特定?名前や顔画像は何?

ニュース
スポンサーリンク

12月27日放送のとくダネ!で無人販売所で連続窃盗している疑惑がかかっている女性に農家の皆さんが怒っているというネタで話題になっています。

今回は無人販売所で窃盗を繰り返していた女性は誰なのか、名前や顔画像は何か調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無人販売所で窃盗を繰り返していた女性が特集

12月27日放送のとくダネ!で無人販売所で窃盗を繰り返している女性が特集に上がっていました。無人販売所といえば地元の農家がちょっとしたお小遣い稼ぎに野菜や果物を販売している場所になります。

無人販売所ということから店頭に店員はもちろんいません。しかもお金を貯金箱のような入れ物に入れて商品を受け取るという善意に基づいたシステムになっており、田舎には数多く存在しています。

スポンサーリンク

連続窃盗の女性は誰?

特集で取り上げられた無人販売所で窃盗を繰り返す女性は誰なのでしょうか?

調べた所わかりませんでしたが、田舎に多くある無人販売所なので都会を除く田舎にお住まいの女性で、無人販売所の場所を知っているということは年配の女性なのでしょう。

とくダネ!で放送されるということはさらに続報があることが考えられるため続報が待たれます。

スポンサーリンク

トラブルがあった無人販売所はどこ?

トラブルがあった無人販売所ですが、どこかわかりませんでした。

今後近くに住む住人でツイッターや他報道等で明らかになってくると思います。

田舎につきものの無人販売所はあると便利なので、こういった迷惑な行為で無人販売所がなくなってしまうのが恐れていることです。

是非とも日本人の善意で成り立っている商売なので、無くならないで欲しいです。

スポンサーリンク

無人販売所の窃盗は罪になる?どれくらいの刑罰?

物を持ち去った場合に成立する罪としては窃盗罪(刑法235条)もしくは占有離脱物横領罪(刑法254条)の2つが考えられます。
これら2つの違いを簡単にいうと、物に対して占有が及んでいるかどうかとなります。

無人販売は販売者が定期的に代金の回収や商品の補充に赴くと考えられます。
したがって,短時間で現実的支配を及ぼしうる場所的範囲内にあると言えますし,販売者に管理する意思があるため占有は認められ,商品の代金を支払わずに持っていった場合には窃盗罪が成立するといえるでしょう。

当然人のものを盗るのは泥棒なので窃盗罪が成立します。

では窃盗罪になった場合はどのような刑罰に処されるのでしょうか。

窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。
初犯であれば起訴されたとしてもほとんどの場合,略式手続きで罰金刑となります。

初犯なら罰金刑で50万円以下となるようです。

野菜や果物の金額はたかが知れているのに高額な罰金は嫌ですね。

スポンサーリンク

窃盗を繰り返す女性は窃盗症なの?

近年万引き等の窃盗がやめられない症状に苦しむ方々がいることがわかってきています。

もしかするとこの女性もそのような症状だったのでしょうか。

それとも生活が困窮してやってしまったことなのでしょうか。

続報が待たれます。。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pairronをフォローする
Pairron's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました