スポンサーリンク

京都市右京区の60代保育士の顔画像名前を特定!?保育園はどこで火傷を負った園児は誰?

ニュース
スポンサーリンク

毎日新聞の報道によりますと京都市右京区の認可保育園で今年の6月に2歳児クラスの男児(3歳)が60代の女性保育士に研磨作用のあるスポンジで頬を擦られ、火傷を負っていたことが明らかとなりました。

今回は男子児童に火傷を負わせた60代の女性保育士は誰で、被害を受けた園児は誰なのか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都市右京区保育園で男児が火傷

毎日新聞の報道によりますと、京都市右京区の認可保育園で今年6月、2歳児クラスの男児(3)が60代の女性保育士に研磨作用のあるメラミンスポンジで頰をこすられ、やけどを負っていたことが分かりました。母親は「事故発生後すぐに連絡がなく、対応が不誠実。息子のやけどは痕が残る恐れがあると言われている」と話す。21日に右京署に告訴したとのことです。

同園の施設長は「保育士は『落書きを顔に残したまま帰ると子供が保護者に怒られると思った』と釈明したが、ありえない対応。申し訳なかった」とし、「謝罪して見舞金をお渡しし、示談金も提示したが、納得してもらえなかった。今後の対応は法人内で話し合っていきたい」と述べたそう。

子供を安心して預けられるのが保育園や幼稚園のいい所だと思いますが、このような事件があったら親御さんは心配ですよね。

スポンサーリンク

60代女性保育士は誰?

では男児に火傷を負わせた60代の女性保育士は誰なのでしょうか。

詳しくはわかりませんでしたが、京都市右京区で起きた事故なのでおそらく京都市内に在住の方ではないかと思います。さらに60代と高齢なので、それなりに経験を積まれてきた方だと思われます。

しかし研磨作用のあるメラミンスポンジを使って子供の頬を擦り、さらに火傷を負わせるとなるとそれなりに強い力で擦ったのではないでしょうか。

もともと劇落ちくんなどに代表されるメラミンスポンジは落ちにくいこびりついた汚れを落としやすくするものです。人体に使っていいはずがありませんから、他に方法はなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

女性保育士がいる保育園はどこ?

今回の報道があった京都市右京区の保育園はどこなのでしょうか。

今現在明らかとなっていませんが、京都市右京区の認可保育園という情報はあります。いくつあるのか調べてみましたが、50施設ほどありますのでそのいづれかで起きた事故なのでしょう。

保育園の施設長は「保育士は『落書きを顔に残したまま帰ると子供が保護者に怒られると思った』と釈明したが、ありえない対応。申し訳なかった」とし、「謝罪して見舞金をお渡しし、示談金も提示したが、納得してもらえなかった」ようですので、男児の両親は大変怒っていることが想像できますね。

スポンサーリンク

被害を受けた男児は誰?

被害を受けた男児は頬に全治一ヶ月くらいの火傷を負ったようです。別の記事ですが、メラミンスポンジで腕を擦られた生徒がいたようですが、その写真はこちらです。

https://okwave.jp/qa/q9184247.html

赤くなっているので、とても痛そうですね。

今回の男児は全治一ヶ月なのでこれ以上に赤く腫れているのではと思われます。しかも顔にの頃傷をつけられたら大変な事態です。心の傷についても心配ですよね。

男児についてはわかりませんでしたが、今後の報道で明らかになってくるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は京都市右京区の保育園で起きた男児の頬に火傷を負わせた60代の保育士は誰なのか、保育園はどこなのかなどについて調べてみました。

それにしても子供に大変な傷を負わせるのは保育士というか教育者としてどうなのかと思われますね。

今後の続報が待たれます。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pairronをフォローする
Pairron's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました