スポンサーリンク

ジェイビエールシントロンの経歴戦績や国籍出身はプエルトリコで強い身長年齢は?戦績動画も

洋食
スポンサーリンク

今年の大晦日にはWBO世界Sフライ級タイトルマッチで井岡一翔選手とJ(ジェイビエール)シントロン選手がボクシングで戦いますね。

今回は対戦相手のジェイビエールシントロン選手の経歴や戦績などについて調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大晦日に井岡一翔とジェイビエールシントロンがタイトル戦

12月31日に世界Sフライ級のタイトルマッチが日本で行われます。

ボクシング日本人初4階級王者の井岡一翔が無敗の最強挑戦者シントロン(プエルトリコ)を迎え撃つ!父となり強い姿を家族に示すため絶対に負けられない!令和最初の大晦日決戦、激闘必至の戦いを見逃すな!

井岡選手は4階級制覇という偉業を成し遂げている選手で、今回初防衛戦だそうです。

対戦相手のシントロン選手はどんな選手なのでしょうか?

スポンサーリンク

ジェイビエールシントロンのプロフィール

ジェイビエールシントロン選手のプロフィールはこちらになります。

本名:ジェイヴィエ・ヘスス・シントロン・オカシオ
ニックネーム:ペリト
身長:173 cm
国籍出身 プエルトリコ人
生まれ 1995年2月8日(24歳)
スタンス:サウスポー
ボクシング記録
総対戦数:12
勝利数:11
内KO数:5
ニックネームはペリトなんですね!
シントロン選手は、元プロのボクサーであるハビエル・シントロンの息子として生まれました。 シントロン選手は若い頃から自称「ボクシング学者」になることをこころざし、様々なスタイルの研究に没頭して真似して、マスターしたようです。
国籍はプエルトリコで中南米に位置する国ですね。年齢は24歳でまだまだ若いです!
12回対戦して11回勝利しているなんですごすぎです!
しかもイケメンで日本にもファンができそうです!
スポンサーリンク

ジェイビエールシントロン選手の戦績動画は?

探してみるとこちらの動画がありました。

10ラウンド判定勝ちをしています。一撃必殺というよりは粘るタイプなのでしょうか。

 

また短い動画で紹介動画もありました。

ボクシング選手はむきむきしなやかな筋肉をもっていますから、見ていてうっとりしてしまいますね。年末は見るしかないです。

スポンサーリンク

初防衛戦の井岡一翔選手のプロフィールは?

今回世界Sフライ級の現王者の井岡選手はどんな方なのでしょうか。

本名 :井岡 一翔
階級 :スーパーフライ級
身長 :165.6cm
リーチ :168cm
国籍 :日本
誕生日 :1989年3月24日(30歳)
出身地 :大阪府堺市
総試合数:26
勝ち:24
KO勝ち:14
敗け:2

井岡選手は2009年にプロデビューし、2011年に国内最速記録に並ぶ7戦目でWBC世界ミニマム級王者に輝きました。

さらに2012年にWBA世界ミニマム級王者にも輝き世界統一王者に輝いた。そして同年の大晦日にライトフライ級王者にも輝き防衛も果たしています。

さらにフライ級に転向し世界最速15戦目で王者に輝きました。その後フライ級の防衛を5度果たし2017年に一度引退しますが、2018年に復帰して次はスーパーフライ級の王者になりました。

この経歴を見ても凄まじい強さですね。数々の記録を塗り替えてきた伝説の人といってもいいのではないでしょう。

私生活では2017年に歌手の谷村奈南と結婚しましたが、同年11月11日に離婚を発表しています。
そして2019年元モデルの一般女性と再婚し、同年8月17日、第1子となる男児が誕生しています。

公私ともにうまくいっているようです。

今回は初防衛となるか期待が高まりますね。

 

スポンサーリンク
洋食
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pairronをフォローする
Pairron's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました