スポンサーリンク

祈りの幕が下りる時(映画)の視聴率や見逃し配信動画は?

テレビ
スポンサーリンク

6月30日21時からTBSにて人気ミステリー作家の東野圭吾さん原作の「祈りの幕が下りる時」が地上波初放送されます!

 

東野圭吾さんは福山雅治さん主演のガリレオシリーズや山田孝之さん主演の白夜行シリーズなど、数多くのヒット作を世の送り出している作家の一人です!

 

そんな東野さんの新参者シリーズが阿部寛さん主演でドラマや映画にされていますね!

歴史を振り返ると連続ドラマ「新参者」が2010年に始まり、2011年には続編の「赤い指」がスペシャルドラマ化、その後「麒麟の翼」で映画化、「眠りの森」でスペシャルドラマ化され、30日に地上波初放送される「祈りの幕が降りる時」は完結編に位置付けられています。

 

加賀恭一郎がまた渋くてかっこいいんですよね〜!

 

今回は地上波初放送される「祈りの幕が下りる時」について「祈りの幕が下りる時(映画)の視聴率や見逃し配信動画は?」と題して調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

祈りの幕が下りる時(映画)の視聴率は?

まず今回地上波初放送される「祈りの幕が下りる時」の概要についてです!

あらすじ

東京都葛飾区、荒川沿いのアパートで、死後20日ほど経過した腐乱死体が発見された。顔や年齢は認識できず、判明したのは女性であることだけ。警視庁捜査一課の松宮脩平(溝端淳平)は、死体が運び出され鑑識も引き払った簡素な一室で、カレンダーに「橋の名前」が書かれていることを発見する。やがて、DNA鑑定により死体は滋賀県彦根市在住の押谷道子(中島ひろ子)と判明。遺体の発見場所には9年前から越川睦夫という男が住んでいた。捜査班は越川を加害者と睨み捜査を開始するが、松宮は同時期に新小岩の河川敷で発生したホームレスビニールハウス放火殺人事件との関連性を疑う。越川と焼死したホームレスは同一人物では? 生活感のない越川の部屋を見た松宮の勘だった。
なぜ、押谷は滋賀から東京に向かったのか? 松宮は滋賀に出向き、聞き込みを始める。やがて、押谷の中学の同級生だった浅居博美(松嶋菜々子)という東京・明治座の演出家が大きな手がかりを有する人物として浮かび上がる。松宮は博美に会いに行く。博美は、押谷が老人ホームにいる自分の母親・厚子(キムラ緑子)のことで会いに来たことは認める。しかし、博美にはアリバイがあり解決の糸口はつかめない。そんな中松宮は、博美の事務所で彼女と一緒に写っている日本橋署勤務で従兄の加賀恭一郎(阿部寛)の写真を見つける…。

https://www.tbs.co.jp/program/eiga_inori_20190630/より

今作は2018年に公開され、興行収入は約16億円であったそうです。

 

さて気になる視聴率ですが、放送前なので詳しいことは現在わかりませんが、過去の放送から推測したいと思います!

 

2010年に放送された日曜劇場『新参者』(4月18日~6月20日)では、初回視聴率21%を示し、平均視聴率14.9%を記録しました。続いて2011年1月3日放送の『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!」』では、平均視聴率15.4%を記録しました。

 

おそらく今回も視聴率は15%から17%ではないかと思われます!

 

詳しい数字がわかり次第更新したいと思います。

 

スポンサーリンク

祈りの幕が下りる時(映画)の見逃し配信動画は?

東野圭吾さん原作の新参者シリーズ完結編の「祈りの幕が下りる時」ですが、日曜の夜に不在の方もいるかと思います。

 

見逃した方への動画配信等はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、無料配信サイトでは見ることができませんが、

有料配信サイトParavi(パラビ)でレンタルという形で視聴可能です。

 

レンタルはこちら

Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス
【まずは2週間無料体験!】定額制見放題を中心とした動画配信サービス「Paravi」では、ドラマやバラエティ、映画、アニメ、ニュース、ライブ配信がいつでも楽しめる。放送中の最新作やオリジナルコンテンツも充実!

 

見逃した方は是非借りてみてください!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「祈りの幕が下りる時(映画)の視聴率や見逃し配信動画は?」と題して調査してみました!
東野圭吾さんの新参者シリーズの完結編が6月30日21時に放送されます!
視聴率は放送前なのでわかりませんが、おそらく過去の放送から15〜17%ではないかと考えられます。
わかり次第更新いたします!
また見逃した方はParaviでレンタル可能だということです!
最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク
テレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pairronをフォローする
Pairron's Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました