びわ湖こどもの国は楽しい?|屋外遊具と虹の家の施設紹介【写真多数】

こんにちは!ペッカーです!

みなさんは休日はどこに子供と遊びに行っていますか?だいたい近くの公園や施設に行っていると思います。私もおんなじです。

湖南地域でだいたい遊び尽くしたら湖北地域へも足を伸ばしてみませんか?

滋賀県の高島市には「滋賀県立びわ湖こどもの国」があり、かなり評判が良かったので行ってみることにしました!

とっても楽しくてウチの娘は電池が切れるまで遊び尽くしていました笑

園内の施設について沢山写真を取ってきたので、まだ行ったことがない人にも参考になれば幸いです。

この記事でわかること

屋外は滑り台をはじめとして遊具が本当に沢山あって、飽きずに遊ぶことができます!

屋内の虹の家では中二階の「ふわふわランド」と二階の「ボズーの木部屋」がオススメです!

びわ湖で湖水浴やキャンプもできるので、年中時期を問わず楽しむことができる施設です!

それでは行ってみましょう!

びわ湖こどもの国 屋外編

ここでは屋内施設(虹の家)以外の外の遊具や施設についての紹介と感想を書いていきます。

駐車場

おそらくこどもの国に行かれる方のほどんどは車じゃないかと思います。

駐車場は広く100台くらいでしょうか、沢山駐車するスペースがありました!

一つ注意事項があります。行ってみて実際に感じたことですが、

車はバック駐車ではなく前から突っ込むように停めたほうがいいです。

私たちが行った時は、左右に車が停車していない場所にバック駐車で停めましたが、帰りには左右に車が停車していました。

白線の幅が狭いことが原因でファミリーカーサイズだと隣の車との間隔が狭く、荷物の運び込みや子供を乗せるのに大変苦労しました。

少なくともトランクが開けられるよう、前からの駐車をお勧めします。

駐車料金は500円でした。お帰りの際に料金を支払うシステムでした。

屋外遊具

次に園内で見つけた遊具について紹介します。私たちが行った時はまだ雪が残っていて、雪解け水が溜まっているところも多かったため、十分に遊ぶことができませんでした。次回はしっかり遊びたいと思います!

こちらの遊具は入り口近くにあったものです。黄色い滑り台と網のトランポリンが備わっていて、娘も大変楽しく遊んでいました。

先ほどの遊具から見える景色はこんな感じです。写真中央の顔のようなものはビワコオオナマズを模したものらしいです。

その向こうにはながーいローラーの滑り台がある遊具もありました。

今回は行かなかったので、次回遊んでみようと思います!

娘の身長が足りなかったので遊んでいませんが、直滑降の滑り台がありました。

足がすくんでしまいそうですが、勇気のある方はやってみると楽しいと思います!

続いて滑り台が沢山ついている遊具です。色んな高さの滑り台があって、娘も楽しそうに遊んでいました!

これだけたくさんの滑り台がついている遊具は見たことがありません。絶対どんな子でも楽しめると思います!

その近くにはまたまた大きな緑を基調とした遊具がありました。両端に滑り台があって楽しそうでした。少し大きい子向けなのでしょうか

沢山滑り台がある遊具の近くにはタルを横にしたような遊具もありました。

中に入るにはハシゴをつたって入らないといけないため、大人が入るのは難しそうでした。娘も中に入るのを嫌がったので、中がどうなっているかわかりません。

虹の家の近くには様々な自転車が100円で借りられる場所もあり、小さい子向けの遊具もありました。

虹の家近くの遊具

他にもまだ紹介していない遊具がありますが、屋外の遊具はこんな感じです。

また次回遊びに行ったときには未体験の場所にも行ってみようと思います!!

びわ湖こどもの国 屋内編

次に屋内施設の紹介をしていきます!屋内施設は我が家のメインの目的地でして、沢山遊んできたので、余すところなく紹介していきます!

虹の家は一階、中二階、二階と分かれており、エレベーターもあるのでベビーカーを持つパパママも安心です!

虹の家 一階

虹の家の一階には受付や乳幼児が遊ぶ部屋、奥にはご飯が食べられるレストランがありました。

各施設について紹介していきます!

受付

一階入り口右手には受付があります。

冬季期間中はやっていないアクティビティもあり、さまざまな遊具が有料にはなりますが、格安で遊ぶことができます。

あとで紹介しますが、中二階にある「ふわふわランド」と二階にある「ボズーの木部屋」を利用しました!両方めっちゃ楽しかったのでお勧めです。

ぴよぴよルームとトレーニングルーム

受付の向かい側には0, 1, 2歳が遊べる無料の施設「ぴよぴよルーム」と「トレーニングルーム」がありました。

中はこんな感じでした。

おままごとセットもあり、娘も楽しそうに遊んでいました。

おままごとセットの隣には車のおもちゃが置いてあって、男の子が好きそうですね。

他にもカプラが置いてあって、大人も夢中になってしまうようなおもちゃもあって、結構楽しむことができました!

レストラン

一階の奥にはレストランが完備されていて、昼食を取ることができます。注文はドアの外にある券売機で購入してから注文するスタイルでした。メニューの一部はこちらです。

我が家はお弁当を持って行っていたので、食べませんでした。ランチセットが美味しそうだったので、次回は注文して食べてみたいと思います!

店内も綺麗で広く、コロナ禍ですが幅をとってそこまで気にせずに昼食を取ることができました。レストランの真向かいにはトイレもありましたし、近くには授乳室も備えてありました!

腹ごしらえができたら一階の他の部屋で遊ぶことができました。

研修室2 クライミングやマット遊びができる部屋

特に名前は無いようですが、クライミングができたり、ブロックやマットが置いてあって走り回るには十分すぎるスペースが確保されている場所でした。

ここでだけでも十分に遊べますが、まだまだ紹介は続きます!

虹の家 中二階

続いて中二階の紹介です。ここでは本格的なクライミングと「ふわふわランド」について紹介します。クライミングは実際に体験していません。

クライミング

クライミングは先ほど紹介したものとは格段に高くなった、本格的な施設でした。これは有料で小中学生は400円で体験できます。

ふわふわランド

中二階のメインといってもいいような施設です。受付でチケットを購入する必要がありますが、娘はとっても楽しんでいました!

何がふわふわかというと、機械で空気を送り込んで膨らませたトランポリンになっています。

一つ注意点がありまして、保護者も入ることができせんので、近くから見守る形になります。また、対象年齢が小学生までなので、こちらも要注意です。

料金は20分間で200円でした。20分で満足するかなと少し不安でしたが、しっかり遊んで満足してくれました。

虹の家 2階 ボズーの木部屋

2回は中二階から階段で上がることもできますし、エレベーターで行くこともできました。2階のメインの施設は滋賀県の木材をふんだんに使ったおもちゃがいっぱい入っている「ボズーの木部屋」です!

当日受付もしていますが、事前に電話で予約することを強くオススメします!

料金は1時間で400円で貸し切ることができました。本来は10人程度まで遊ぶことができるようなのですが、コロナの影響で1家族のみとなっています。

使用してみて注意がいるなという点があります。それは入室には係の方の解錠が必要で、一度外に出るとドアが中からしか開かないようになっています。

初めにそのことを知らなかったので、外に置いていた荷物を取りに行ったら締め出されました。

中にいた妻にお願いして開けてもらって難を逃れました。

中の様子はこんな感じで、真ん中に卵型の木のボールが入っている場所があり、息子置いて遊ばせたりしました。

木琴もあり、木の種類によって奏でる音が違うことが興味深かったです。音が鳴るので娘も楽しく叩いていました。

他にもおままごとセットや滑り台、ボールを転がすおもちゃなどもあり、1時間しっかりと遊ぶことができました!!

まとめ

今回は滋賀県の高島市にある「びわ湖こどもの国」に行って遊んできたので、施設の紹介をしました!

少し遠いので、行くのも大変ですが本当に行ってよかったと思える場所でした!

びわ湖に面しているので、夏は湖水浴ができますし、キャンプサイトもあるので、キャンプもできます。虹の家では宿泊もできるので、一日だけではなく、一泊二日で楽しむのもアリだなと思いました!

今回は屋外と屋内に分けて紹介しましたが、また季節が暖かくなってきたら行ってみたいと思います!

0, 1, 2歳のお子さんがいるパパママには虹の家の「ふわふわランド」と「ボズーの木部屋」は一見の価値ありだと思います!

もう少し大きなお子さんがいる家は屋外の遊具で遊び尽くすのもアリですね。走り回っても全然大丈夫ですし、レンタル自転車で遊んでもいいですね。

気になる方はぜひ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。